ワキガ多汗症研究所……ワキガ・体臭・多汗の治療 心と体の研究室

足のニオイ・ワキガ・体臭はこの方法で改善!

 ☆風呂の湯にコップ1杯の酢を入れて入浴すれば  

  ワキガ・体臭は心地よい匂いに変わる!

★ワキのニオイの原因はワキガ、汗臭さ、皮脂臭

 

☆足のニオイの解消法☆

バケツ7分目ほどの40度以上のお湯に酢(または木酢液)をコップ1杯加えます。そして10〜15分足をつけます。末梢血管の循環がよくなり、雑菌を抑えるので、足のニオイが解消します。

 体臭とは、口臭や便臭を除いて、頭から足の先まで、あらゆるところから発する臭いの総称で、その発生源は3種類あります。

 まずは、独特な臭いが気になるワキガ。これは太古の昔は異性を引きつける信号の役目を果たしていたもので、脇の下や乳輪などに多い“アポクリン腺”という特別な汗腺から出る汗の臭いです。

 2つ目は全身の皮膚にある“エクリン腺”という汗腺から、体温調節のためなどに出る汗の臭いです。いわゆる“汗臭さ”ですが、発汗が多いと不快な体臭になります。

 3つ目は、皮脂腺から出る皮脂の臭い。

 皮脂は皮膚を守る働きをしていますが、分泌が多すぎると臭いの原因になります。

 これら3つの臭いの組み合わせで、いろいろな体臭が生まれてくるのです。

 

 

 

★皮膚表面の雑菌によって、汗に臭いが生じる 

 

 ワキガの臭いの強さは、アポクリン腺の数や大きさに比例し、非常に個人差が大きいものです。

 アポクリン腺は真皮の下にある直径2〜3mmのイクラのような粒々で、毛のある範囲に存在し、毛穴に向かって開口しています。

☆レモン湿布でワキの臭い解消!☆

 レモン1個、40度くらいのお湯2リットル、洗面器、タオル(さらに強力な消臭をのぞむ場合、ミョウバン大さじ5〜6杯を用意してください。ミョウバンは薬局、スーパーなどで売っています)を用意します。
 洗面器にお湯を入れ、レモン1個分の果汁をしぼり入れます(ミョウバンを入れる場合はこのとき一緒にいれてかき混ぜます)。
 レモン汁の入ったお湯にタオルをたっぷりとひたし、お湯がたれない程度にしぼります。

 タオルをワキの下に5〜6分あてて湿布します。時間がないときはふくだけでもOK。レモンの殺菌・消臭作用で雑菌の繁殖が抑えられ、汗の臭いが消え、ワキの下がさわやかな柑橘系の匂いに変わります。外出時の一時的な臭い止めにおすすめです。

 日本人の場合、1平方cmあたり、ふつうは1個くらいですが、ワキガの強い人は50個くらいびっしりと密集しています。

 アポクリン汗もエクリン汗も、汗腺にとどまっているうちは無臭なのですが、皮膚表面の雑菌によって、臭いが発生します。

 アポクリン汗中のリボタンパク質などが、皮膚表面の常在菌によって分解されると臭いになるのです。また、エクリン汗も雑菌によって分解されて低級脂肪酸に変わるため、酸っぱい臭いになります。

 雑菌は、酸性よりアルカリ性のときのほうが繁殖しやすいという性質があります。ふつう皮膚表面は弱酸性ですが、大量に汗をかくとアルカリ性に傾き、雑菌が繁殖し、すえたニオイが強くなっていきます。

 さらに、体内に乳酸がふえると、汗に含まれる尿素とアンモニアが急激にふえ、汗臭さに強烈なアンモニア臭がプラスされます。

 人間は、通常体内の“クエン酸回路”というシステムでエネルギーを生み出しているのですが、末梢血管の循環が悪くなって酸欠になったり、食事のバランスが崩れたり、ストレスが重なってくると、クエン酸回路ではなく、糖を消費する解糖系が働き、汗の中に乳酸が増え、アンモニア臭の原因になるのです。

 加えて動物性の脂肪をとりすぎると、皮脂腺の活動が活発になりすぎ、皮脂腺の中にとどまって酸化し始め、過酸化脂質を増やして不快なニオイを発生させます。

 

 

★毎日の酢風呂でワキガ、体臭が改善   

 

 さまざまな臭いがまじり合った体臭を解消するには、雑菌の繁殖を抑え、血行をよくして、クエン酸回路を正常に働かせることがポイントとなります。

 そのためには、風呂の湯に醸造酢または黒酢を入れて入浴する酢風呂が有効です。ふつうの酢なら180リットルの湯にコップ1杯、黒酢ならおちょこ1杯で十分です。

 酢の主成分、クエン酸には殺菌作用があるうえ、皮膚表面を酸性に保つため、雑菌の繁殖が抑えられます。

 また、クエン酸の一部は汗腺から吸収されますし、入浴によって血行がよくなり、相乗効果でクエン酸回路を促進し、乳酸の生成を抑えるので、強烈なアンモニア臭も解消できます。

 ぬるめの湯に長くはいるのは体のためにはよいのですが、皮膚がふやけて発汗しにくくなります。長湯をするなら、塩大さじ1から2杯加えて浸透圧を高めると、皮膚がふやけるのを防げます。

 酢風呂を1週間もつづけると、不快な汗の臭いが心地よい匂いに変わっていくでしょう。

 


わきが・体臭・多汗 心と体の研究室 五味クリニック附属 わきが多汗症研究所

〒169-0073 新宿区百人町1-10-12 TEL 03-3368-5126 

わきが多汗症研究所

わきが体臭多汗症の記事

わきが多汗症相談室

腋臭体臭多汗悩みの共有メール

腋臭ニオイ汗最新情報

ワキガ治療 五味クリニック

腋臭手術相談室

わきが多汗症ブログ一覧